秋は植物たちの「ファッションショー」

皆さんこんにちは。
最近朝昼の温度差が大きくなり、いよいよ紅葉シーズン開始直前ですね。
日本の一年は春夏秋冬と四季がありとてもすばらしい国です。
それだけに私達が当たり前に受け入れてきた「秋ってなーに?」を
今回はお伝えしたいと思います。

秋になるとテレビでよく見るのですが、パリコレのような女性を美しく目立たせようとする
ファッションショーが各地で開かれているニュースが目に付くようになりますね。
どのように女性の気を引くかがこのショーの成功の可否の分かれ目ですね。
実は同じことが山々の木々の間で繰り広げられているんです。

この季節、子孫を残そうと山にはいっぱい実がなります。
まず植物達は葉を赤くして山一面を飾り、鳥達に「早く私のところに来て!」と
ラブコールを送ります。
ここまでは前回お話した通りなのですが、赤や黄色に紅葉した葉っぱの間では、
ただ実を赤くするだけでは鳥に見つけて食べてもらえる保障はありません。
少しでも目立とうと、木の実たちは美しいモデルさんの様に飾り立てて
ファッションショーを始めます。
よく見てみると藍色の実をつけている植物の種の周りには、鮮やかな赤い色をした
『ほう』と言われる花びらに似たものをつけて赤と濃い藍色との組み合わせで強調し、
少しでも鳥に目立つようにしています。

KouyouS.jpg

また、あえて赤と黒の実を2種類つけて段だら模様の飾りのように見せ、鳥の気を引いているものもあります。
さらに、本当は黒くてまん丸の実なのに、赤くて小さな偽者の実を一緒に飾って美味しさを自己アピールしている植物もあります。
このように一色だけでは目立たないので、もう幾つかの色を身に付けることによってよりいっそう目立たせています。
誰よりも一番早く鳥に好かれようとがんばる季節が秋なんです。
これを私達は「2色効果」と呼んでいますが、言い換えれば、秋は鳥という観客に少しでも好かれようと繰り広げられる、山を舞台とした「植物達のファッションショー」の季節ともいえますね。

よ--く耳を澄ましてみて下さい。
たわわとなった木の実のファッションショーに歓声を上げている
鳥達の声を聞くことが出来ますよ。

2007年11月14日 09:59 | | コメントを読む (1) | コメントを書く


コメント

はじめまして。先生のページを楽しく拝見しています。
先日、紅葉をみに出かけたとき、3歳になる娘に「鳥さんは、どんなふうにお話しているの?耳はあるの?」と聞かれてしまいました。その時は、なんとなく返事をしてしまったのですが、どう答えたらよかったのでしょうか。
ぜひ、教えて下さい。

Posted by: みく | 2007年11月16日 11:32