クマさんがついにやって来た!

今年は3、4月が本当に寒くてどうしようもないと思ったら、
今度は35度前後の暑くてたまらない日がつづいて大変です。
京都でも、檜原村でも暑さは一緒ですね。
ただ夜になると京都は熱帯夜ですが、
標高550mの檜原の家ではやや涼しさを感じます。

さあ、そろそろお盆休みの時期ですが、どこか自然体験や
サマースクール等のフィールドにお出かけの予定はおありですか。

最近、ちょっと気になるニュースが入ってきました。
それはツキノワグマが人家近くまで出てきたり等、
今まで現れた事のない所での目撃が相次ぎ、人々をビックリさせている事です。

74Bear1.jpg

先日、京都府の日本三景の一つとして有名な天橋立でツキノワグマが発見されたそうです。
天橋立の松林の端から端までをいっきに走り抜けたらしく、一番はずれの松林のところにうずくまっていたそうです。
猟師さんによって麻酔銃を撃たれて山に返されたそうですが、どうしてこんなところまで出て来たのか不思議です。


もう一つは、私も関わっているフジの森の研修センターからのニュースです。
すぐ裏山の歩いて5分くらいの自然観察路で、やはりツキノワグマが確認されました。
体調は約1mで親離れしてすぐの子グマらしいです。
以前このブログでも監視カメラで撮った檜原村の動物を紹介しましたが、
ついにツキノワグマの登場です。

74Bear2.jpg

これで檜原村の裏山にはシカ、カモシカ、テン、タヌキ、ハクビシン、イノシシ、ニホンリス、アナグマ、キツネ、ニホンザル、ツキノワグマとほとんどの中大型哺乳類が姿を現した事になります。
周辺の住民の方や森林レンジャーに聞いてみますとツキノワグマは結構、林道で見かけているとの事。皆さんも山に行く時は、間違ってもクマさんの大好物の蜂蜜などは持ち歩かない様にして下さいね。

クマが里に下りてくる時は山の木の実等の餌が不作の時に、
よくあることだと言われていましたが、最近はクマさんも無精になったのか
人里の家の近くに住んで食べ物をあさっている事がよくあるそうです。
皆さんも何とかクマさんと住み分けて生活できる様に、山に行ったらゴミを出さない、
歩く時は鈴等で事前に音を出して鉢合わせを避ける等十分な注意をして下さいね。

2010年8月 4日 10:00 | | コメントを読む (0) | コメントを書く


コメントを投稿する

ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がありますので、ご了承ください。 また、投稿されたコメントはフジテレビKIDSが企画・制作する映像物や出版物、ウェブサイト、広告宣伝などで利用させていただく場合がありますのであらかじめご了承 ください。