ユズの食べ方知ってますか?

皆さん、こんにちは。
寒さも風も一段と厳しくなり、路上には紅葉の終わった樹々の葉っぱが
じゅうたん状に広がっています。

83_Yuzu1.jpg

12月22日は、その昔一年の始まりとしていた冬至です。
日本では、お日様の時間が短く野菜が少なく病気になりがちなこの時期、何とかこの時期を無病息災で乗り切りたいと願っていたそうです。
このため、冬至に、霊力があるとされていたユズを入れたお風呂に入って香を体に付けたり、体が温まる小豆やカボチャを入れた「おかゆ」を食べることによって、風邪を引かずに健康に暮したい!と願いをかけていたようです。全国各地でもこの習慣が残っていますが私の家でもユズ風呂に入ります。
皆さんのところではいかがでしょうか。

ある資料に書かれていた説によると、『「冬至は〔とうじ〕と読みますが、
これを「湯治〔とうじ〕」とかけて生まれたのが柚子湯(柚子を入れたお風呂)です。

83_Yuzu3.jpg

柚自体にも意味があり、「融通〔ゆうずう〕が利きますように」という願いが込められているそうです」と書かれています。
昔の人は「少しでも良い事があります様に」との願いをかけ、いろんな行事をしていたんですね。

この一般的にお風呂に入れたり食べられたりするユズは「ホンユズ」呼ばれるものでミカン科ミカン属の仲間です。
毎年、徳島の知人から黄色の大きなユズがいっぱい入った段ボールが送られてきます。
ユズはお風呂に入れるか、皮を削って香付けに利用するくらいしかやったことがありませんでしたので、私の家ではユズの利用はせいぜい一年で数個です。
最初の頃、こんなに貰ってどうしたら良いんだろうと、ビックリした事があります。
ところが、京都の家のお隣の方にお聞きしましたら、
その利用の仕方は私の知らないことだらけでした。

83_Yuzu2.jpg

1. 果汁はしぼって、柚酢として瓶にストックし、香味・酸味を加えるために用いられる。いわゆる「ユズポン」ですね。
2. 柚の皮は削ってお刺身等の薬味や、粉にしてストックし、おみおつけ等の汁物の香付け用のふりかけにする。
3. 徳島では獅子鍋に臭み取りと香を付けるために、このユズを輪切りにしたものをいっぱい入れて煮込む。
4. ユズの果皮ごと薄く輪切りにし、お砂糖で煮てママレード状のジャムを作る。
5. ユズの果汁を砂糖と水で割ったレモネードを作る。
6. 最近ですが、私の住む檜原村でもユズからワインを作って販売を開始。
7. 九州では盛んだそうですが、柚子胡椒と呼ばれるユズと
唐辛子を混ぜて作った調味料を作る。

皆さんの家ではどれをなさっていますか。
まだ他の利用方法がおありでしたら、このブログを通じて
ご紹介したいと思いますので是非教えて下さい。

2010年12月22日 09:41 | | コメントを読む (3) | コメントを書く


コメント

柚子ゼリーにしています。
友人知人、ご近所にも差し上げています。
皆さん、「なにこれ!?おいし~い!!」と大好評です。
うちでは、柚子と言えばゼリー以外には考えられないくらいにゼリーで大量に食べています。

中に、スイートスプリングやはるかなどの柑橘類の果肉を入れるとさらに美味しく、高級感もでます。

Posted by: rukko | 2012年11月30日 20:12


我家では花柚子がどっさり生ります。青いうちは青唐辛子と、黄色くなったら赤唐辛子と、一緒に柚子胡椒をつくります。作り方はいたって簡単です。皮を比較的厚切りに剥きます。1㎝くらい荒く刻んで柚子皮の13~15%の塩を加えてミキサーでまぜます。清潔な容器に入れて、常温で1週間ほど熟成させた後、冷蔵庫で1ケ月位後から馴染んできますので柚子胡椒としてどうぞ。

Posted by: まっつん | 2014年7月14日 21:50


柚子胡椒の分量 ゆず皮 1に対して二分の一の刻んだ青唐辛子、この材料の全体の 13%の塩です。 

Posted by: まっつん | 2014年7月15日 09:55


コメントを投稿する

ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がありますので、ご了承ください。 また、投稿されたコメントはフジテレビKIDSが企画・制作する映像物や出版物、ウェブサイト、広告宣伝などで利用させていただく場合がありますのであらかじめご了承 ください。