ひな祭り! 菱餅3段重ねに込められた思いとは

88Hishimochi.jpg

皆さん今日は。
やっと寒さも一段落。
いよいよ3月に入り、もうすぐ桜の季節か!と思うのですが、何年か前に大雪が降って満開の桜の花の上に雪が積もってお花見が雪見桜になった事がありましたから、油断は禁物ですね。

今日は3月3日のひな祭りにちなんだお話をしようと思います。

88Hishimochi2.jpg

皆さんのご家庭ではひな人形を飾られますか。
このひな祭りのルーツは中国にあるようです。

古代中国では3月最初の巳の日に厄払いをする行事があり、そのとき、キク科の植物で春の七草の一つであるゴギョウ、今の呼び名で言うとハハコグサを入れたお餅を食べる風習があったそうです。

この習慣が日本に伝わり、その時、母と子をすりつぶすのは縁起が悪いという事で、ヨモギを代わりに入れる様になり、このお餅を食べる行事と上流階級で人気だった「ひな遊び」がむすびついてひな祭りへと発展していったそうです。

ですから平安時代はどうも緑色の一段のお餅だったようです。

しかし江戸時代になって、子孫繁栄、長寿を意味すると言うヒシの実を入れて、清廉潔白の意味を持つ白い色を作り上げ、ヨモギの「邪気を払う力」、と合わせた緑色と白色の2段重ね縁起餅へと変わっていった様です。

そして時は明治時代に入ってから、昔から魔除けの色とされる桃の花の色をクチナシを使って表し、もう一段のお餅が作られる様になり、緑色、白色、赤色の3段になったのだそうです。

ひな祭りに飾られる菱餅は、下から順番に緑・白・ピンクの順番です。

緑はこれから芽生え伸びようとする息吹を表し、白は汚れた大地を真っ白に覆い尽くす雪を、桃色は春を飾り世の繁栄を象徴する明るさを表しているようです。

菱餅を飾るって、平安時代から何年もの年を経て人々が幸せを願って思いを重ねて来た象徴なんですね。

追伸
ブログ内のイラストについてご質問をいただきましたので回答します。
このブログの文中に掲載しているイラストは、京都嵯峨芸術大学観光デザイン学科で私のゼミ生だった古田裕樹くんという卒業生が描いてくれています。

2011年3月 2日 10:57 | | コメントを読む (0) | コメントを書く


コメントを投稿する

ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がありますので、ご了承ください。 また、投稿されたコメントはフジテレビKIDSが企画・制作する映像物や出版物、ウェブサイト、広告宣伝などで利用させていただく場合がありますのであらかじめご了承 ください。