ウコン咲いたか、ギョイコウまだか

皆さん、今年の京都のサクラはものすごい勢いで咲いて、
雨にたたられてあっという間に散っていった気がしますが、
皆さんの周りではいかがですか。

サクラという呼び名は「さ+くら」という二つの言葉が
合わさってできたと言われています。
「さ」は穀霊を意味する言葉で、
「くら」とはその精霊の神々の集まる場所を表すという説があります。
昔から、桜の開花は農耕の神様がやってきて木に座し、サクラに神が宿り、
田植えの時期を知らせにきた印がサクラの花だったことから来ているようです。
農作業の目安の一つになっていたんですね。

その後、平安時代に入って、嵯峨天皇がヤマザクラを自分の寝殿で
鑑賞するようになり宴を催したのがお花見のはじまりと言われています。
その後、いろんな人々の間で広まっていき
江戸時代にはお花見は商人の遊びとして全国に広がっていったようです。

今日本には約400種以上あると言われていますが、今日はそんな中でも、
皆さんがよく見るソメイヨシノより少し遅れて咲き、
私たちを楽しませてくれる変わり種のサクラのお話です。

すっかり花が散り、葉桜になった桧原村のレストラン「四季の里」の駐車場で今、
一本のサクラが咲いています。
もう一つ、京都のあるお寺の入り口でも一本のサクラが咲いています。
あれ?っと思うのですが、花の色が普通のサクラと違っています。
サクラと言えばピンクか白と相場が決まっていますが、
このサクラは、4月の下旬頃咲き始め、両方とも八重咲きのサクラで
淡い緑色かやや黄色がかった薄い緑色なのです。
どこかでご覧になる機会があったら見てください。
この色が結構奇麗なのでびっくりすると思います。
このサクラの名前はウコンザクラとギョイコウと言いますが、
専門家でも見わけが難しいと言われています。
ではサクラ通になるための見分け方についてお教えしたいと思います。

まずそれぞれのサクラの名前の由来ですが、
◆ウコンザクラの名前は、根を健康食品として使われている
「ウコン」というショウガの仲間の植物が由来です。
ウコンの根っこは染色にも使いますが、その染まった色が淡い黄色で、
その色とこのサクラの花の色が似ているところからこの名前がついたようです。
別名としてお酒の宣伝でも使われている「黄桜」などとも呼ばれているようです。
花はウコンザクラの方が、ギョイコウより大きくて、
花弁は10枚~15枚で先は細かく切れ込み、花びらは薄い感じがします。
でも触ると、ふんわりとした感触です。

◆ギョイコウは、花の色が高貴な貴族の衣裳のイメージから
「御衣黄」の名前が付いたようですが、全体的に緑色が強めで、
延び延びというより花が縮こまった感じがします。
江戸時代に、京都のあの「御室桜(おむろざくら)」で有名な
仁和寺(にんなじ)で栽培されたのがはじまりと言われているそうです。
びっくりなのは、江戸時代にシーボルトが気に入って、
自分の国に持ち帰り、今もその標本が残っているそうです。
花びらは触るとわかりますが、やや厚ぼったい肉厚の感じがします。
また花びらは外側に反り返っていて、緑色がやや強く中心部に紅色の線が入っており、
満開時に花の中心が紅色に変化することが特徴です。
これで比較的ウコンザクラと見分けることができます。

日本は春と言えばサクラ、サクラと言えば美しい日本と言っても過言ではありません。
この素晴らしさをいつまでも残して世界に自慢できる美しい国を守っていきたいですね。
皆さんもウコンザクラとギョイコウを探してみて、区別がつくか試してみてください。
まだ間に合いますよ。

2013年4月24日 07:46 | | コメントを読む (0) | コメントを書く


コメントを投稿する

ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がありますので、ご了承ください。 また、投稿されたコメントはフジテレビKIDSが企画・制作する映像物や出版物、ウェブサイト、広告宣伝などで利用させていただく場合がありますのであらかじめご了承 ください。