七夕を飾る初秋の草花

みなさん、猛烈に暑い日が続きますね。
京都ではこのブログの掲載される7月17日は、京都の夏の象徴といっても良いような
大切な行事である祇園祭の巡行日です。
例年ですと、この日を境にして梅雨明け宣言が出されるというタイミングなのですが、
今年は梅雨明けが先でした。
祇園祭の日は必ずと言って良い程、途中で大雨が降りみんなずぶぬれになりますが、
今年はどうでしょうか。

さて今日は、ちょっと過ぎてしまいましたが、
もう一つの日本の象徴的な夏の行事である「七夕」のお話です。

七夕の行事は、年に一度、旧暦の七月七日の夕方に牽牛(けんぎゅう)と
織女(しょくじょ)の2つの星が、天の川を渡って会う
という中国のロマンティックな説話に基づくものです。

七夕という言葉は、七月七日の夕方を意味します。
また、「たなばた」という読み方は、織女が機織り(はたおり)に
巧みであったことに由来して、糸に針を通し、供え物をして
裁縫の上達を祈る「乞功奠(きっこうでん)」の儀式として行われていた行事が
日本に伝わって七夕の行事になったといわれています。
平安時代、宮中で天皇が庭に出て2つの星に供え物をされ、
管弦や作文の遊びをして祝ったそうです。

室町時代には、「蹴鞠(けまり)」、梶の葉に歌を書いて遊ぶ「歌遊び」、
「碁遊び」、草花を持ち寄って瓶にいけ、その花の美しさを競う
花合(はなあわせ)などの「花遊び」や、
貝を合わせて探して遊ぶ「貝覆(かいおおい)」、
遊戯用の小さい弓を用いて的を当てる遊びの「揚弓(ようきゅう)」、
何の香りかを当てて遊ぶ「香遊び」といった風流な伝統行事「七遊」が
盛んに行われていたそうです。

特に「花遊び」は、今でいえば文化の香りを表す象徴的な行事となり、
室町時代には七月七日に近衛家から宮中に草花を束ねて献上する
年中行事として行われるようになりました。

この花束を扇形に束ねて献上したことから「花扇」と呼んだそうです。
宮中ではこれを七月七日の日中に室に飾り、御所の池にも浮かべて
牽牛、織女に手向け祝ったそうです。
花扇は高さ1m、幅60cmの大きさで、万物は木・火・土・金・水の
5種類の元素からなり5種類の元素は
「互いに影響を与え合い、その生滅盛衰によって天地万物が変化し、循環する」
という中国から伝わった考えに基づいて設定された、
緑・紅・黄・白・黒の五色で「花扇」を飾ったそうです。
その植物と色は、ススキ(青色)、オミナエシ(黄色)、キキョウ(黒)、
ナデシコ(紅)、キク(白)、ハギ(白)、ハス(赤)の
7種の初秋の草花が用いられ、かなり奇麗だったようですよ。
今でいえば、祇園祭に負けないくらいの夏の一大行事だったのですね。

2013年7月17日 09:53 | | コメントを読む (0) | コメントを書く


コメントを投稿する

ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がありますので、ご了承ください。 また、投稿されたコメントはフジテレビKIDSが企画・制作する映像物や出版物、ウェブサイト、広告宣伝などで利用させていただく場合がありますのであらかじめご了承 ください。