人馴れしたかわいい野生動物にご注意!

 皆さんお元気ですか。もうすぐ一年も終わりですね。

 今年はイノシシやクマの被害が多いようですが、皆さんの周りではそんなニュースは聞いてませんか?
 今日は、数年前の12月に体験したちょっと怖くて、でも滑稽だった、忘れられないお話をしようと思います。


 私は毎年12月に、集中講義を行うため、神戸の近くにある某大学に3泊4日で出かけています。
 その忘れられない体験をした年は、前夜からその大学のセミナーハウスに泊まることにしたのです。そこは私の初めての宿泊場所でした。

 最寄り駅についたのは道路も凍りつく寒い夜でした。
 駅を出てタクシーを拾って「◎◎大学セミナーハウスまで行ってください」と行き先を告げたのですが、そのドライバーは「え?あまり聞いたことは無いな〜。地図かなにかありますか?」と聞き直して来たのです。
 持っていた地図を見せると、わかったか、分からなかったか、ともかく車は目的地に向かって動き出しました(本当に態度が悪い)。10分ほど走って大学の脇の急な坂を登り、途中まで来たときのことです。なんと、運転手は車を停めてこう言うのです。
 「すいませんが、道路が凍っていて危険なのでこれ以上先へは行けません。お客さんここから歩いていってください」と、ちょうど正面が墓地になっている少し手前で降ろされてしまいました。
 時間は夜の10時30分。場所は不気味、道はこてこてに凍ってツルツルです。
 危険!危険! おまけに初めての宿泊施設でよく場所もよくわからず、施設管理人に電話して行き方を確認。
 その指示にそって墓地に向かって歩き始めたときのことです。

 お墓の前で、6個の小さく輝いている光がこちらを向いて動いています。
 な、なんと! 中型のイノシシ3匹ではありませんか!

 前足を上下して地面を蹴り、私めがけての突進準備態勢です。
「ブフー、ブフー」とうなり声がきこえます。

 (そういえば、この大学の近くは、イノシシ被害が多発しており、裏山から降りて来てゴミをあさったり、民家で飼っている犬が刺されて死んだという記事があったことを思い出しました。)

 その瞬間、右端にいた1匹が、突然私をめがけて突進して来ました。
 とっさにかわした私のコートの脇をスルーしたイノシシは、何と私の直ぐ後ろで突っ込んでひっくり返り、後ろの電柱にぶつかってしまったのです。体制を立て直したイノシシは、振り返って私を睨みつけています。

 その時です。こんどは残っていた2匹が「ブヒー、ブヒー」と鳴いたかと思うと、私めがけて突進して来たのです。
 もう駄目か!っと、思ったのですが、なんと2匹はひっくり返って、電柱の脇にいるイノシシめがけて走り出したのです。そしてお互いの無事を確認したのか、合流した3匹は横並びになって、今度はお尻を少し振り上げ「ビヒー」と鳴いたかと思うと、いっせいに反対方向に走り去ったのです。

 いやー、こわかった。体中が冷や汗でびっしょりでした。
 でも、イノシシの兄弟愛は強いですね。
今思えば、転んだ仲間を助けて逃げ去るなんて「可愛い〜」と思えるのですが、あの牙で刺されるかもしれないと思った時を思い出すとぞっとします。


171227maita-1.jpg
171227maita-2.jpg 
 イノシシが人里に降りてくる原因は、山に餌が無くなって、苦労して山で餌を探すより人家でゴミをあさった方が簡単、みんなが可愛いと言って餌をくれる、天敵がいなくなり「我が世の春」状態、などいろいろな原因が考えられます。

 野生動物への餌やりは絶対しないでくださいね。
 
 餌付けは、不自然に野生動物の数を減らすことにつながり、生態系の数をコントロールする仕組みが壊れ、バランスが崩れて他の動植物への被害拡大や、私たち日常生活への被害を拡大することにも繋がります。
 来年はイノシシも嫌う戌年。良いお年をお迎えください。

2017年12月27日 10:00 | | コメントを読む (3) | コメントを書く


コメント

こんばんわー。本当に怖かったでしょうね。御無事でなによりでした。そうですネ・・学習してしまいますものね。冬の
寂しい庭に来る小鳥への・・餌付けも好ましくないのでしょうか・・・。林檎や果物の皮などつい置いてしまいます。・・ペットの猫が2年前亡くなってから・寂しいのです。教えてくださいませんか?

Posted by: まっつん | 2017年12月27日 19:53


感想とご質問ありがとうございます。えずけの良し悪しは難しい課題ですね。立場の違い、環境や場所の違い、対象の動物の違いで判断が人によって異なります。私は庭での小鳥の冬のえずけ程度は、問題ないと思っています。

Posted by: 匿名 | 2018年1月13日 08:41


ありがとうございました。( ´∀` )冬の庭に訪れてくれる小鳥たちに癒されます。

Posted by: まっつん | 2018年1月16日 21:41


コメントを投稿する

ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がありますので、ご了承ください。 また、投稿されたコメントはフジテレビKIDSが企画・制作する映像物や出版物、ウェブサイト、広告宣伝などで利用させていただく場合がありますのであらかじめご了承 ください。